私のウェディングドレス選び

私は今から8年前に結婚しましたが、初めは結婚式や披露宴を必ずしも挙げなくてもいいかな、と考えていました。
結婚の記念として、この時しか着られないウェディングドレスは絶対に着たいと思っていましたが、ウェディングドレスを着て写真を撮るだけでもいいし、海外ウェディングをしてもいいなと思っていましたが、結局夫が一人っ子で長男だったこともあり、親戚や会社の上司や同僚、友人を招いての挙式と披露宴をすることになりました。
いくつかの結婚式場やホテルを周り、最終的にホテルで結婚式を挙げることに決めたのですが、日取りが決まったらまず最初にすることがウェディングドレス選びです。
日取りを決めて予約したのは式の10か月ほど前のことで、披露宴の内容を決めたり招待客リストを作るのはまだ先でもいいとのことでしたが、ドレスは早めに決めて予約しておかないと気に入ったドレスを着られなくなりますから、とのことで早速翌週にはホテル提携の貸衣装屋さんでドレスの試着の予約を取り、母と姉と一緒にドレスを見に行きました。
私は昔から白無垢や振袖を結婚式の時に着たいとは思っていなかったので、ウェディングドレスとお色直し後のカラードレスを1着ずつ選ぶことにしましたが、まずはやはりメインであるウェディングドレス選びから始めました。
ウェディングドレスは女の子の憧れで、裾が長く引きずるようなゴージャスなものやプリンセスラインのかわいらしいデザインものの、ワンショルダーのスタイリッシュなものなどさまざまな種類があり、自分の好みや体型によって似合うものを選びます。
私は身長が低いのであまりボリュームのあるものは似合わないと思ったし、自分のイメージからしてもプリンセスラインのかわいらしいものは好みではなく、すっきりしたデザインのものの中から探そうと思っていましたが、実際に目の前にたくさんのドレスがあるとどれもそれぞれにかわいくて素敵なのでとにかくたくさん着てみたくなるものです。
何着も選んで試着し、鏡で見て写真を撮って家に帰ってからもまたどれがよかったか考えて・・というのを何度か繰り返し、3度目の試着の時に着たマーメイドラインのドレスがデザイン的に一番気に入ったし、身長が低い私でもおかしくなかったのでそのドレスをウェディングドレスとして選びました。
そのドレスは夫にも招待客にもとても好評で、今写真を見返してもとても素敵なドレスでよく似合っていて一生の思い出になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>