自分に合ったウェディングドレス

女性が結婚に憧れるのには「ウェディングドレス」を着た自分、またはそれを纏いたいと願う気持ちも含まれていると思いますので、一生に一度のその晴れ姿には、一段と気合とこだわりを持ちますね。
結婚式の花嫁衣装には、一般に和装と洋装があり、和装は、白無垢、色打掛、洋装は、ウエディングドレスと言えばの代表である白ドレスと色ドレスがあります。
私の友人は「おでこが狭いから」と「頭が重すぎて苦痛」という理由で、和装はやめ、白のウェディングドレスをメインに、一度だけお色直しで色ドレスに着替えました。
世間では、額が狭いと文金高島田のあのかつらと顔のバランスが悪くなり、似合わないと言うことが多いようですが、実は日本髪には、額が狭い方が若々しく見え似合うと言われています。
重さ対策と「いまどき感」を演出するなら、色打掛けの時は「洋髪」にするのもよいと思います。
今の時代は、先に述べたかつらの重さや和装が似合わないという理由に加え、和装は着替えの時間が多くかかるため、招待客への配慮で披露宴で花嫁が不在の時間を短縮するため、ドレスのみという方もいらっしゃるようです。
それぞれの結婚式への考え方や想いがあっても、「白のウェディングドレス」ははずせない一着となりますので、「思い入れ」が強くなるのは当然のことだと思います。
ウェディングドレスと言っても、その形状や特徴で様々なものがあります。
代表的な形には、プリンセスライン、Aライン、マーメードラインがあります。
実際の経験でも言えますが、自分の「着たいドレス」と「似合うドレス」は必ずしもイコールにならないことがあります。
花嫁の体型が、背が低めのぽっちゃりさんなら、それをカバーできる前者がお薦めで、これなら「プリティー花嫁」の出来上がり。
背の高いスレンダーボディーの方なら、マーメードラインは、美しく着こなせ、「モデル風花嫁」が出来上がります。
あと、あまり意識されていないですが、結構重要なポイントが「肌の色」です。
厳密には、髪の毛や瞳の色も関係しています。
肌色が色白、色黒によって、似合うドレスの色が違ってくるのです。
白と言っても、真白、オフホワイト、ベージュに近い白もありますし、その多彩な色目のドレスの中で、デザインだけではなく、自分に合った色を選ぶことも大切です。
今では「パーソナルカラー診断」もネットで身近にできますので、活用してもよいでしょう。
今やウェディングドレスには多くのブランドがあり、その年どしの流行もあります。
デザインや形、それはヘッドに装着する小物を含めると、本当にその組み合わせに至るまで多様を極めますが、経験上でも「自分が着て一番しっくりくる、インスピレーション」のものを選んで、人生で最高の「シンデレラ」となって当日輝いていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>